AVアンプ/サラウンド PlayStation Xbox 映像機器

PlayStation5/Xbox Series X プレイ環境

2021年12月時点のPS5/XSXを含めた我が家のゲームプレイ環境をご紹介いたします。

全体構成

我が家の映像&サラウンド環境は下記仕様で整えています。

映像:4K HDR対応有機ELテレビ(60hz or 120hz)
サラウンド:12チャンネルドルビーアトモス
照明:Hue Play HDMI Sync Box +hue Light

使用機器

テレビLG 65C9P
AVアンプMarantz SR8015
コントロールアンプLUXMAN C-800f
パワーアンプROTEL RB-1592SE×2台
フロントスピーカーinfinity IRS-EPSILON
サラウンドスピーカーinfinity Kappa Rear
サラウンドバックスピーカーinfinity Kappa Rear
フロントハイトスピーカーDALI Alteco C1
リアハイトスピーカーDALI Alteco C1
トップミドルスピーカーONKYO D-22XM
照明 Hue Play HDMI Sync Box +hue Light

それでは各機器、構成について一つずつ触れていきたいと思います。

ディスプレイ:LG 65C9P

まずテレビは65インチ4K120hz対応有機EL「LG 65C9P」を採用しています。

以前からLGの有機ELテレビを使っていましたが現在のC9Pを採用理由はHDMI2.1(4K120hz)に対応した事。特にPS5やXSXは4K120hz対応がフォーカスポイントの一つでしたから映像機器もここに合わせる必要があります。もちろんHDRもDolbyVisionまで対応。

C9PはHDMI4端子全てがHDMI2.1(フルバンド48Gbps)に対応しています。

PS5はAVアンプ経由で最大4K120hz出力、XSXは直接テレビに接続して4K120hz出力を実現。また有機EL&HDRによる美しい映像、ゲームモード含めた遅延の少なさ、XSXではVRRやALLMまで対応していますのでゲームをプレイする環境としては一定の条件をクリアできていると思います。

関連記事

LG 4K 有機ELテレビ 65C9P ~導入設置~

LG の 4K有機ELテレビ 65C9Pを導入しました。 これまで同じくLGの4K有機ELテレビ 55B6P を使っていましたので、サイズ&シリーズ&世代のアップグレードです。 ・55インチから65イ ...

続きを見る

LG 4K 有機ELテレビ 65C9P ~基本設定~

我が家に導入したLG OLED65C9P について今回は基本設定を見ていきたいと思います。 これまで使っていたOLED55B6Pは、結構購入時に細かな調整が必要でしたがC9Pではそこまで調整が要らない ...

続きを見る

AVアンプ:Marantz SR8015

AVアンプにはMarantzの11チャンネルAVアンプ「SR8015」を使用。

選定としては4K120hz信号を通せる事、そしてプリアウトも含めて13チャンネルサラウンドを実現できる事が条件となりました。現在はセンタースピーカーをなくし、地上はフロント、サラウンド、サラウンドバックの6チャンネル。天井はフロントハイト、トップミドル、リアハイトの6チャンネルの12チャンネルサラウンド環境を整えています。

次の写真は13チャンネル設定時のもの

実はPS5とXSX購入時はDENONの「AVR-X4700H」を使用していました。こちらも4K120hz対応で十分な能力があったんですが、音楽鑑賞と強さと11チャンネルアンプにグレードアップしたいという点で早々にSR8015に乗り換えた経緯があります。と言ってもAVR-X4700Hもとても良いAVアンプでしたしコスパでは絶対こっちの方が上だと思います。

AVR-X4700H関連記事

DENON AVR-X4700H 購入レビュー

DENONのAVアンプ「AVR-X4700H」を購入しました。目的は4K120p対応(ずばり、PS5に対応させるため)です。導入まで結構悩みましたのでポイントと開封・設置までを紹介したいと思います。 ...

続きを見る

【解説】AVアンプ AVR-X4700Hの各スピーカー設定について

これまで使っていたイネーブルドスピーカーを止めてフロント&リアのハイトスピーカーに変えましたので改めてスピーカーのマニュアル設定を見直しました。 どんな設定が出来るのか他の方にも参考になるかもしれませ ...

続きを見る

【解説】AVR-X4700H 自動測定(Audyssey)の実施方法

DENON AVR-X4700Hには、付属のマイクでスピーカーの設定を自動で行うAudesseyという自動測定機能が付いています。購入時に一度セットしているんですがその後イネーブルドスピーカーをハイト ...

続きを見る

AVアンプでのサラウンドアップミックス使い分け

我が家のAVアンプ DENONのAVR-X4700Hでは幾つかアップミックスでサラウンド効果を楽しむことが出来ます。 主なアップミックス アップミックスというのは例えば2チャンネルステレオのコンテンツ ...

続きを見る

SR8015関連記事

【レビュー】Marantz SR8015 ~導入検討編~

さて「サラウンド環境改善プロジェクト2021」の第2弾は今回最大の投資となるAVアンプの変更です! 現在のAVアンプを選択した経緯 今使っているDENONのAVR-X4700Hは2020年10月に買っ ...

続きを見る

【レビュー】Marantz SR8015 ~設置&音出し~

前回の記事で、わずか3か月ほどしか使っていないDENONのAVアンプ AVR-X4700HからMarantz SR8015に買い替える検討をご紹介しました。 正直最新AVアンプを3か月で乗り換えるとい ...

続きを見る

コントロールアンプ:LUXMAN C-800f

ピュアオーディオも楽しむ為、AVアンプラインとは別にコントロールアンプを使用しているのですが、ゲーム環境としてはAVアンプのプリアウトからコントロールアンプに接続する構成を組んでいます。C-800fは非常に素直で厚みもしっかり持った音を鳴らしてくれますのでメインとなるフロントサウンドの調整役と言った位置づけになります。

ピュア環境では音の全体像を司る司令塔として全幅の信頼を寄せているアンプです。

関連記事

LUXMAN コントロールアンプ C-800f 導入 ~検討編~

2年ぶりにコントロールアンプの入れ替えを行いました。 LUXMAN C-8f から C-800f に変更です。 C-8f と C-800f って、名前だけ見ると同じシリーズの世代違いのように感じますが ...

続きを見る

LUXMAN コントロールアンプ C-800f 導入 ~音出し編~

C-8f に変わって導入した C-800f の設置、音出しについてご紹介します。 現行モデルと近いデザインの為、あまり古さを感じさせませんが実はもう14年も前のモデルになります。ITや映像系の世界と違 ...

続きを見る

パワーアンプ:ROTEL RB-1592SE ×2台

C-800fとフロントスピーカーを繋ぐパワーアンプにはROTELのRB-1592SEを2台使っています。

元々、前フロントスピーカーだったIRS-SIGMAを鳴らすために力量のあるパワーアンプが必要となりモノラルアンプ2台を一つの箱に収めたRB-1592SEを購入したんですが、更にスピーカーの能力を引き出すために2台目を購入してバイアンプ構成としていました。そして現フロントスピーカーのIRS-EPSILONは「バイアンプ駆動を必須」としている為、2台のパワーアンプで駆動させています。

関連記事

IRS-SIGMA 設置 と アンプの検討【オーディオシステム入替 その2】

前回の記事で、私のinfinity歴にとって一つのゴールになるスピーカー「IRS-SIGMA」を入手した事をご紹介しました。 今回は、IRS-SIGMAを実際に鳴らしてみたレビューとアンプの検討経緯で ...

続きを見る

RB-1592SE導入とIRS-SIGMA環境完成【オーディオシステム入替 その3】

ここまでのあらすじ。 (第1話)infinity好きな私が、メインスピーカーをIRS-OMEGAからIRS-SIGMAに変更 ↓(第2話)アンプが非力過ぎてSIGMAがちゃんと鳴らない(想定の範囲内) ...

続きを見る

RB-1592SEをもう1台追加してバイアンプ化してみた

我が家では弩級ステレオパワーアンプROTELのRB-1592SEを使っているのですが、今回同じRB-1592SEをもう一台追加してバイアンプ化を行いました。 理由 元々RB-1592SE以前は、同じR ...

続きを見る

RB-1592SE バイアンプ化 1か月レビュー

前回の記事でROTELのパワーアンプ「RB-1592SE」を2台バイアンプ化した話を書きました。 あれから1か月近く聴いてきて、いくつか繋ぎ変えも行った印象をまとめてみます。 まず、バイアンプ化した当 ...

続きを見る

フロントスピーカー:infinity IRS-EPSILON

メインのスピーカーにはinfinityのIRS-EPSILONを置いています。豊かな低域から繊細な高域までジャンルを問わず鳴らす大型スピーカーなので、ピュアオーディオから映画、ゲームまで何でも対応できます。

関連記事

infinity IRS-EPSILON 導入

6年ぶりにメインスピーカーの入れ替えを行いました。私の中でinfinity終着点となるIRS-EPSILONの導入です。今回は単なるレビューではなくこれまで私が愛用してきたinfinityのスピーカー ...

続きを見る

サラウンドスピーカー:infinity Kappa Rear

フロントスピーカーにずっとinfinityを使用してきたのでサラウンドもinfinityで揃えています。グレードの違いが大きくなってきたので次に入れ替えするとすればここかな?と思いますが現時点でそれほど不満は感じていません。

1つ目を入手した時はエッジがボロボロになっていましたので張り替えを行いました。

関連記事

infinity Kappa Rear 入手 & スピーカーエッジ修復

我が家のスピーカーは7チャンネルともinfinityで統一しているんですが、サラウンド用に使っていた「infinity Reference 10E」をいつか「infinity Kappa Rear」に ...

続きを見る

infinity Kappa Rear 2セット目(オーク) 入手

infinity のスピーカー Kappa Rearを、また入手致しました。 4月にサラウンドのうち1ペアを「Kappa Rear」に替えましたが、最後唯一の憂いだったサラウンドバックも「Kappa ...

続きを見る

ハイトスピーカー:DALI Alteco C1

高さのサラウンド効果をUPさせる為にフロントとリアにハイトスピーカーを設置しています。Alteco C1はまさにハイトスピーカーに最適にデザインされたモデルでルックスも含めてお気に入り。我が家は賃貸なので壁掛けに苦労しましたがその方法含めてご紹介しています。

関連記事

【レビュー】ハイトスピーカーに DALI Alteco C1 を導入しました

現在我が家のサラウンドは11本のスピーカーで11チャンネルを構成しています。そのうち4本をイネーブルドスピーカーからハイトスピーカーに変更しましたのでご紹介します。 どちらもサラウンドを構成するスピー ...

続きを見る

【解説】賃貸にスピーカーを壁掛けする方法

ハイトスピーカーとしてDALI Alteco C1を購入し壁掛け設置しました。 我が家は賃貸物件の為、大きな穴をあける事も出来ず3kg程あるスピーカーをどうやって壁掛けしようか考えましたが、試行錯誤の ...

続きを見る

トップミドル:ONKYO D-22XM

ハイトスピーカーだけでは真上の音が再現できないのでトップミドルを設置。これがAVアンプもSR8015に買い替えた理由の一つです。ただハイトスピーカーと同じく賃貸で真上にスピーカーを設置するのは本当に苦慮しました。その為、音質的にはDALIとの繋がりがやや弱くなりましたが軽さ優先で選んだスピーカーです。

関連記事

【レビュー】 Marantz SR8015で13チャンネルサラウンドに挑戦

SR8015を導入して11チャンネルサラウンドを楽しんでいるんですが、SR8015はプロセッサーとしては13チャンネル分を積んでいるんです。 となればチャレンジしない訳にはいかないでしょう。13チャン ...

続きを見る

【解説】賃貸にトップ(天井)スピーカーを設置する方法

ついに我が家にもトップスピーカーを設置して13チャンネルサラウンドを実現しました。 長年11チャンネルまでは実現していたんですが、どうしても天井スピーカーを実現することが出来ず、イネーブルドスピーカー ...

続きを見る

センタースピーカーはなくしてファントム環境に

長らくセンタースピーカーにはinfinity Kappa Center-Bを使用してきて配置の調整なども行ってきましたが、現在の環境ではセンタースピーカーを廃してファントム再生としています。

関連記事

センタースピーカー位置の見直しとテレビスタンド導入

ハイトスピーカーを導入してAuro-3D デモDiscを楽しんだり、様々なサラウンドコンテンツやアップミックスを楽しんでいるうちに、もうちょっと本格的にサラウンド環境を強化したいと思うようになりました ...

続きを見る

【解説】センタースピーカーの必要性 〜いる?いらない?〜

ホームシアターを構築するのにセンタースピーカーの扱いは永遠の課題だと思います。 センタースピーカーにまつわる課題 センタースピーカーの設置には主に2つの課題が付きまといます。 理想を言えば、センタース ...

続きを見る

PS5/XSXでの環境確認

以上の構成で現在の環境が作られていますが特にPS5とXSXでは色々出力確認なども行いました。特に4K120hz出力についてはPS5は問題ないもののXSXではAVアンプを通して出力できないという問題があり、AVアンプ経由ではなく直接テレビと繋いでサラウンドはeARCで戻して対応しています。

PS5 4K120hz出力情報

XSX 4K設定オールクリア情報

PS5、XSX、Switchにはスキンシールを貼って木目調な雰囲気を楽しんでいます。ちょっとした遊び心。

関連記事

Xbox Series X レビュー ~4K120hz設定確認~

早速開封してみたXbox Series X ですが本機の能力の凄さの一つは「4K120hz対応」です。 我が家では4K120hzを実現するために、4K120p対応テレビのLG 65C9P、4K120p ...

続きを見る

PlayStation 5 ~4K120hz出力確認~

Xbox SXでは本体設定で4K120hzを指定する事ができましたが、PS5でも4K120hzが設定できるのか確認してみました。 Xbox SXではまず4K、120hzを設定するメニューがあり、テレビ ...

続きを見る

【レビュー】ついにXbox SXの4k120hzをAVアンプ経由で出力できた!

4K120hz対応を謳っているマランツ、デノン、ヤマハのAVアンプはいずれもXbox SXの4K120hz出力ができませんでしたが、ついに解決策が提示されました。 AVアンプから4K120hz出力でき ...

続きを見る

Xbox SX & PS5 で UHD BD 再生確認

Xbox Series X と PlayStation 5でそれぞれUHD BD再生とドルビーアトモス対応確認をしてみました。 Xbox Series X でのUHD BD再生 まずXbox SXにつ ...

続きを見る

メディア関連はXbox SXよりPS5の方が好みでした!

Xbox SX と PS5が揃い色々と比較してしているところです。 別の記事ではUHD BD再生について比較しました。どちらもしっかり4K24コマ出力でき、HDR10、ドルビーアトモス/DTS:Xも問 ...

続きを見る

照明にHue Play HDMI Sync Box + hue light

映像と照明をシンクロさせるhue Sync Boxを導入しています。この機能を使う場合は4K120hzには対応出来ず4K60hzに制限されます。しかしながらホームエンターテイメントの体験としては活用した方が遥かに価値が高いため、4K60hz+hue lightで使っている事が多いです。

出来る事は、出ている映像に合わせて部屋の照明がシンクロして演出を盛り上げてくれる事。

例えばピンク色のシーンでは照明がピンクに染まります。ご覧のシーンでは画面上はピンクに、画面下はドライアイスの白色になっている事がお分かりいただけると思います。

動き回るとリニアに照明が変化し、上下左右細やかに色が追随します。

この光の演出を一度体験してしまうと、もう光なしだと味気なく感じてしまいますし、正直60hzか120hzかという違いすら誤差に感じてきます。百聞は一見に如かずですので是非実際の映像をご覧ください。

他にもこちらの記事で多くの動画例を紹介していますのでご覧下さい。

【レビュー】映像と照明が完全シンクロ?!Hue Sync Box でゲームも動画も最高のエンタメ体験に!

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

続きを見る

まとめ

サラウンド環境としては以前は13チャンネルでしたが、現在はセンターを廃した12チャンネル構成となっています。フロントが十分にパフォーマンスがあるためセンター無しの方が全体のバランスが高いと判断しました。サブウーファーも使っておりません。

スピーカーレイアウトは非常に合理的になっており、地上6チャンネル&天井6チャンネルが全てペアになる格好で配置されています。またリスニングポイントからはフロントとリアがほぼ同じ距離になるようにセットされており部屋のど真ん中でサラウンド体験できるようにしています。

フロントスピーカーの間隔は狭いんですがリスニングポイントとの正三角形を考えればバランスは悪くないと思います。

主な記事についてピックアップしましたが他にも関連記事が色々ありますので、もし興味あるテーマがあれば是非ご覧頂ければと思います。現在PS5、XSX以外にもNintendoSwitchなどもAVアンプ経由で出力しており、またピュアオーディオ環境はカクテルオーディオのX45をサーバー&プレイヤーとして楽しんでいます。

全体構成図
【1】4K120hz構成

【2】4K60hz&hue Sync Box構成

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
¥1,146,320 (2022/01/17 09:17時点 | 楽天市場調べ)

オススメ記事

1

2021年もいよいよ終わり。という事で、2021年に購入して良かったものトップ10を振り返ってみたいと思います。 1位 スピーカー infinity IRS-EPSILON 1位はIRS-EPSILO ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

3

Galaxy Z Fold3 の最強ペン収納ケースを探し求めて6個購入&レビューしてきました。そろそろ現在発売されている一通りのバリエーションが理解できたのでここで一旦総括をしたいと思います。 ...

4

もう1年以上前から買おう買おうと思って様子を見てきたスマートロック。本命の一つセサミの第4世代「SESAME4」が登場しましたのでついに購入してみました。 スマートロックは色んな種類が販売されています ...

-AVアンプ/サラウンド, PlayStation, Xbox, 映像機器
-, , , ,