【レビュー】ついにXbox SXの4k120hzをAVアンプ経由で出力できた!

Xbox
スポンサーリンク

4K120hz対応を謳っているマランツ、デノン、ヤマハのAVアンプはいずれもXbox SXの4K120hz出力ができませんでしたが、ついに解決策が提示されました。

AVアンプから4K120hz出力できない不具合

2020年モデルのAVアンプからHDMI2.1&4K120hz対応モデルが登場しました。私もPS5やXbox SXの4K120hz出力を行うためにはじめはDENONのAVR-X4700Hを購入。

そして事前情報通りPS5は問題なく4K120hz出力が出来るものの、Xbox SXでは4K120hz出力が出来ない事を確認しました。

Xbox SXでの4K120hz出力確認

PS5での4K120hz出力確認

その後、MarantzのSR-8015に買い替えましたが、デノン、マランツともに引き続きこの不具合は解消せず長い間Xbox SXはAVアンプ経由で4K120hz出力が出来ませんでした。

しかし、ようやく特殊なHDMIアダプタを挟むことで4K120hz出力が可能になる解決策が示されたのです。

情報が出てすぐに私もこのアダプタの申し込みを行い、本日到着したので早速検証してみる事にしました。費用は掛からず無償提供です。

HDMIアダプタ SPK618

こちらが到着したアダプタ

開封していきます。ネットでも見た接続図付のマニュアル。

本体、ケーブル、そして白い箱が収まっています。意外とちゃんとした梱包ですね。

取り出してみました。本体が結構コンパクト。

こちらがアダプタ本体です。スチール製の枠に基盤が収まっている小さな箱。

背面にはHDMIのIN/OUTとMicroUSBの電源ケーブル口というシンプルな構造

底面に各情報が記載されていますがこのアダプタ「D&Mホールディングス製」なんですね!完全にデノン、マランツのAVアンプの不具合を解消される為だけにオリジナル開発されたボックスです。凄い。

手に持ってみるとその小ささがよくわかります。

Xboxのコントローラーと並べてみます。これなら本体のそばに置いても邪魔にならないサイズです。

ワールドワイドで同じパッケージを展開するのか各国のコンセントに合わせるためのパーツが入っていました。

Xbox SXで4K120hz出力チェック

さぁ、では肝心の出力チェックです。

まずは普通にXbox SXとAVアンプを直結させた場合。4K60hzであれば問題なく出力されます。

そしてリフレッシュレートを120hzに切り替え

すると、しばらくの暗転ののち「動作しませんでした」と表示されて4K60hzに戻ります。

では次はXbox SXとAVアンプの間にこのアダプタを挟み込みます。

同じように切り替えてみるとサクっと4K120hz出力が通りました!おお!凄い!

テレビ側(LG 65C9P)で入力情報を表示させるとしっかり4K120hzになっている事が分かります。

詳細情報としては4K120hzをRGB 10bitで受けている事が分かりますね。

AVアンプ側のIN/OUT情報を確認すると4K VRR HDR10 RGB10bit(40Gbps)で入出力出来ている事が分かります。ALLMも効いていますね。まさに完璧。

PS5で4K120hz出力チェック

ちなみにPS5を通すとどうなるかも確認してみます。PS5は元々アダプタがなくても4K120hz出力が出来ていました。

今回アダプタを通して変化があるか見てみましたが、結果は全く同じ。4K120hzをYUV422 8BITで出力しています。アダプタを通しても通さなくても、またPS5をテレビに直結させても全て同じ結果です。

AVアンプ側で見ても同様です。VRRもALLMも対応していませんし、RGBでの出力も出来ません。そもそもPS5自身が32Gbpsでしか出力していない事も分かりますね。逆に言うとこのスペックであればアダプタなしでもAVアンプを通せていたという事です。

不思議なのはAVアンプ側では12bitで入力して12bitで出力しているようです。テレビ側だと8bitと認識されているので何故食い違っているのか不明です。そもそも8bitでHDRに対応できている事なども謎ですね。

まとめ

ついにXbox SXの4K120hz出力(RGB 10bit)をAVアンプ経由で出力する事が出来ました。正直なんで途中にアダプタを挟むことでAVアンプ内のチップの不具合をスルー出来るのか不思議です。でも、実際出力出来てるんですから凄いですね。

結果を整理します。

PS5Xbox SX
テレビ直結4K120hz
(32Gbps YUV422 8bit)
4K120hz
(40Gbps RGB 10bit)
AVアンプ4K120hz
(32Gbps YUV422 8bit)
4K60hz
AVアンプ+アダプタ4K120hz
(32Gbps YUV422 8bit)
4K120hz
(40Gbps RGB 10bit)

PS5はテレビ直結でもAVアンプ経由でも32Gbps出力YUV422(8bit)となり、Xbox SXは40Gbps出力RGB(10bit)という事も再確認出来ました。スペックとしてはXbox SXが一段上という事になりますね。我が家のテレビは48Gbpsフル帯域対応ですが、PS5/Xbox SXを楽しむ分には40Gbpsまでの帯域対応で条件はクリアしているという事になりますね。

さて、せっかくアダプタを手に入れた訳ですが、AVアンプに4K120hz入力が1端子しかない為2機種ともAVアンプに繋ぐ事が出来ません。かくして我が家では結局元の接続に戻しました。

Xbox SXはテレビ直結でeARCでAVアンプに戻す。PS5はアダプタなしでAVアンプ経由でテレビに接続。という形です。

いずれにせよ問題の解決策が提示されたことはありがたい事です。我が家でも接続の選択の幅が広がりましたので必要に応じて接続を検討したいと思います。同じ状況でお困りの方がいらっしゃれば是非試してみて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました