IT機器/アクセサリー

疲労軽減マウスパッド「FITTIO」を使ってみました

私はこれまで「マウスパッド使わない派」だったんですが、長時間使ってると手首がずっとテーブルに接している状態になるので疲れが手首に出てくることがあったんです。

そこで、手首に柔らかい材質のリストレストを敷こうと探したところ見つけたのがELECOMの「FITTIO」でした。

疲労軽減マウスパッド

疲労軽減という事でもはや「医療グッズ」かと思ようなパッケージです。

パッケージ右下部にサンプルが触れるようになっていて、これがプニプニして気持ち良かったんですよね。私、布っぽい材質よりナイロンっぽいプニプニ感の方が手に優しそうで好きなんです。

実際のマウスパッドも手首が当たるところがこのプニプニで出来てました。

裏面はしっかりテーブルに吸着してめくらないかぎり上下左右に全くズレる事がない材質で出来ています。Made in JAPANです。

疲労軽減のこだわりが満載だった

このマウスパッドは単に「ぷにぷに」というだけでなく、手の疲労を軽減するためにこだわられたポイントがいくつもあります。

マウスパッドに角度が付いている

普通マウスパッドのマウスを置く部分って「フラット」だと思うんですが、このマウスパッドは少し角度が付いています。

実際見てみると左側は結構な厚みで作られているのに対し

右側はやや薄め。確かにマウスパッド自体に角度が付いているようです。これで右手でマウスを持った時に少し右に傾斜するという事ですね。

手首部分の高さが「低い」

本製品には「high」と「low」があるんですが私が購入したのは「Low」の方です。手首部分が非常に低い。マウスを置く部分からなだらかに厚みがあって手首を自然に置くことが出来ます。また途中で2つ山があるような構造になっていて手首がきれいに収まるようになってるんです。これはなかなかの拘りですよね。

手首の負担を軽減するために違和感のある高さにしないという設計になっていて、私も店頭で実際に触れた時に他のマウスパッドと比べても明らかに低く作られているのが好印象でした。

こだわりの材質

そして冒頭ご紹介した通り、プニプニの質感と肌触りの優しい表面素材です。触ってて気持ちよくなるプニ感。

自然と手首が休まるマウスパッド

私は結構マウスの感度を高く設定しているのでほとんどマウスの位置が動きません。数㎝の動きで画面の端から端までカーソルを動かしますのでこのくらいの大きさで十分。そして手首の動きも小さいのでちょうどこのマウスパッドのプニプニのところに手首が当たり続けて心地よいんですよね。

FITTIOは横浜市総合リハビリテーションセンターとの共同開発のマウスパッドだそうです。マウス操作で負担が掛かりやすい手首にこういったマウスパッドを使ってみるのはアリですね!

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-IT機器/アクセサリー
-