PlayStation

PlayStation 4 Pro レビュー3【2TB SSHD換装】

PlayStation 4 ProのHDDをSeagateのFireCuda 2TB SSHDに換装しようと思っていたのですが、ついに出た2.5インチSSHDの「2TBモデル」だけにリリースされてからずーっと完売状態で、我が家ではPS4Pro発売に間に合わせる事が出来ませんでした。

今なお2TBモデルは品薄状態ですが、何とか入手する事が出来たので換装作業を行いました。

事前準備

今回はPS4からの直接移行ではないので、一旦必要なデータをバックアップします。USB接続の外付けHDDが使えないので、USBメモリが必須です(我が家には大容量のUSBメモリがなかったので、microSD>SDアダプタ>SD対応USBアダプタ経由で挿します。

PS4Pro購入時にアプリケーション(ゲーム)は半分くらい削除したんですが、まだ400GB残っていますので、これではバックアップが取れません。

アプリケーションのチェックを外して、最低限のデータだけのバックアップを実行。アプリは必要なものから後でダウンロードすれば大丈夫です。

換装作業

必要なデータをバックアップし終えたらいよいよ換装作業です。

まずPS4Proのストレージスロットを開けるところからですが、実はこれが最難関です。カバーが固くて取れません!!

そもそも何がいけないって、説明書には下記のように書いてあるんですが、この方法だと取れないんですよ。いや力が強ければ取れるのかもしれませんが、無理すると爪かカバーのどっちかが割れるんじゃないかと思う程です。

ネットで外し方を調べて、横からではなく下側の薄いプレート部分を持ち上げるようにして外すのが良い事が分かりました。

もうここまで出来れば半分終わったも同然ですよ。体感的には。

ストレージプレート部分を止めてあるネジはやっぱりPSボタンマーク!これを期待していました。PS4の時もそうでしたから間違いないとは思ってましたが、やっぱり裏切りませんね。

代わりがないので絶対なくせないネジ

ネジを外してスロットを取り出します。

PS4Proでの標準HDDはまたHGST(Japan)製でした。わずか2週間でしたがお役御免です。右側が入れ替えるSSHD。

取り外しの逆の手順で装着して無事換装完了。

再セットアップ作業

さてあとはシステムを元に戻すだけです。

1.再インストール用システムソフトウェア(公式サイトで入手)をUSBメモリに入れてPS4Proに挿す。

2.電源ボタンを7秒(2回目のピッという音が鳴るまで)押して、セーフモードで起動。

3.「7番」の「PS4を初期化する(システムソフトウェアを再インストールする)」を選択

4.あとは自動的にシステムが復元され、PS4Proの初期状態に戻ります。

5.PS4Pro起動後、バックアップを取っていたデータを復元

6.購入したアプリから、必要なゲーム/アプリを次々ダウンロード(その後完了まで放置)

これで無事元通り。となりました。

容量は1.77TB。現在の空き容量は1.14TB。かなりゲームを断捨離したので結構余裕がありますね。

SSHD速度チェック

では、標準のHDDと購入したSSHDでロード時間にどのくらい差が出るか幾つか検証してみました。※全て手動測定ですのでコンマ秒レベルは誤差があります。

本体起動(「ピッ」音→ユーザ選択の「ファン!」という音まで)

 HDD 1回目 27.58秒

 HDD 2回目 27.50秒

 SSHD 1回目 23.08秒

 SSHD 2回目 24.82秒

 SSHD 3回目 21.86秒

HDDと比較して若干早くなっていますね。5秒短縮されていればちょっと体感できるレベルです。

ウィッチャー 3

タイトル画面で「続き」を選択し操作できるようになるまで(静止画音声部分は無視して蛇のロード中マークが出ている時間のみ)

 HDD 1回目 1分15.18秒

 HDD 2回目 1分14.80秒

 SSHD 1回目 1分13.28秒

 SSHD 2回目 59.50秒

 SSHD 3回目 57.99秒

SSHD1回目はほとんどHDDと変わりませんでしたが2回目、3回目はグッと早くなりました。これは大幅な短縮です。

ファストトラベル(ノヴィグラド大司祭広場→オクセンフルト港)

 HDD 1回目 41.08秒

 HDD 2回目 46.37秒

 SSHD 1回目 44.84秒

 SSHD 2回目 42.06秒

 SSHD 3回目 39.86秒

ファストトラベル(オクセンフルト港→ノヴィグラド大司祭広場)

 HDD 1回目 41.20秒

 HDD 2回目 37.85秒

 SSHD 1回目 37.72秒

 SSHD 2回目 36.18秒

 SSHD 3回目 34.30秒

プレイ中(ファストトラベル)でもSSHDの方は繰り返す度に時間が短縮されていきました。SSHDの特徴である繰り返し読み出す内容はキャッシュされていった為、徐々に速くなった。という理屈でしょうか。

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

PS4Proホーム画面→タイトル(骸骨がぶら下がっている画面)

HDD 1回目 37.09秒

HDD 2回目 36.43秒

SSHD 1回目 37.18秒

SSHD 2回目 37.90秒

SSHD 3回目 35.26秒

チャプター選択プロローグ(セーブ選択後)→プロローグムービー開始

HDD 1回目 36.11秒

HDD 2回目 36.45秒

SSHD 1回目 36.41秒

SSHD 2回目 35.65秒

SSHD 3回目 36.48秒

セーブデータ1ロード

HDD 1回目 58.58秒

HDD 2回目 57.48秒

SSHD 1回目 1分3.22秒

SSHD 2回目 1分5.56秒

SSHD 3回目 1分1.88秒

ウィッチャー3と異なり、アンチャーテッドはほとんどSSHDの効果が見られませんでした。起動やプロローグムービーについては若干早くなったかな?くらいで、途中まで進めていたセーブデータの読み込みに至ってはSSHDの方が遅い。という事態です。

The Last of Us Remasterd

セーブデータ1ロード(途中まで進めていたデータ)

HDD 1回目 35.29秒

HDD 2回目 39.14秒

SSHD 1回目 1分5.60秒

SSHD 2回目 36.77秒

SSHD 3回目 1分31.37秒

セーブデータ3ロード(途中まで進めていたデータ)

HDD 1回目 1分14.11秒

HDD 2回目 1分12.68秒

SSHD 1回目 1分13.66秒

SSHD 2回目 1分13.64秒

SSHD 3回目 1分13.37秒

セーブデータ3はHDDと変わらず。という感じですが、気持ち悪いのはセーブデータ1です。HDDだと2回ともそんなに差がありませんでしたが、SSHDでは物凄く波があります。しかも遅い・・・。

結論として、セットアップすぐの現段階では「SSHDに変えて速くなった」とは言えない結果でした。ストレージにデータを突っ込んだばかりなので、しばらく利用を続けてみて改めてチェックしてみたいと思います。

私は「容量アップ>速度アップ」という優先度で購入したので、仕方ないかな・・・くらいの感想ですが、もし「速さ」を求めて換装を検討される方は、SSDにされた方が確実だと思います!

やりくりすれば1TBで何とかなる。という方は是非SSDをトライしてみてはいかがでしょうか?

オススメ記事

1

Galaxy Z Fold3 の最強ペン収納ケースを探し求めて6個購入&レビューしてきました。そろそろ現在発売されている一通りのバリエーションが理解できたのでここで一旦総括をしたいと思います。 ...

2

もう1年以上前から買おう買おうと思って様子を見てきたスマートロック。本命の一つセサミの第4世代「SESAME4」が登場しましたのでついに購入してみました。 スマートロックは色んな種類が販売されています ...

-PlayStation