スマートフォン 白物家電

スマホ連携電話機 VE-GDW54DL 購入

我が家の電話機を久々に新調しました。

今までの電話機は親機が有線、コードレス子機1台というオーソドックスなものでした。普段は携帯を使う事も多いのでいわゆる「家電話」はあんまり登場の機会ってないんですよね。

でも、だからこそいざという時に割と取りにくい場所に置いてたりするんです(笑)

例えば、我が家では寝室には電話がないのでリビングで鳴っている電話を取りに行く間に電話が切れてしまう。という事がありました。結局また寝室に戻る往復の無駄ったらありません。かといって、子機をあっちこっちに増やしても、結局は今いる場所から電話機まで歩いていく必要があるのでさほど便利になりません。

こんな時、ポケットに入れている自分のスマホが子機になったら・・・。という願いを叶えてくれるのが、今回導入したVE-GDW54DLです!

●外観
本モデルでは「親機のみ(VE-GDW54D)」「親機+子機1台(VE-GDW54DL)」「親機+子機2台VE-GDW54DLW」の3型番が存在します。我が家では今まで同様、子機1台付きを選択。実に普通のデザインで面白みはありませんが、どこにでも馴染む佇まい。

ちなみに本機は親機もコードレスで、受話器自体に各ボタンも付いていますので、実質本体にボタンはほぼ要らない構造です。何かちょっと無駄?な感じもしますが、受話器だけで持ち歩いて使えるのは便利ですね。何と、この親機と子機はすこーしデザインが違いました。左が親機、右が子機です。液晶画面の大きさも違いますよね!

●スマホ連動で出来る事がいっぱい!
さて、本機の目玉はなんといっても「スマホ連動」です。今までの家電話の概念を覆しますよ。

1.自宅にいる時にはスマートフォンが家電話の子機になる。
「Panasonic スマートフォンコネクト」というアプリを入れて同じ無線LAN環境下でスマホ登録をすれば最大4台まで子機として利用可能になります。無線LAN設定できるので、LANケーブルを挿す必要もなく今までの電話機と簡単に入れ替え出来ますね。

これでベランダにいようが、トイレにいようが、寝室にいようがスマホを携帯していれば家電話に出られます。仮に電話機がある部屋にいたとしても、もう立って電話機まで行く必要はありませんね。ポケットのスマホを取り出すだけです。

家の電話が着信するとスマートフォンにも着信

もう「あー。電話電話!」って家の中を小走りしたり、「ちょっと電話出て―!」と家族にお願いするような昭和な風景はゼロになります。何だったら、家族みんながスマホ着信を見て「あ、私の友達だ」と思えば、その人間が出ればいいのです。もう電話を取り次ぐなんて事もなくなるかもしれませんね。

家の電話で出たのと同じように、スピーカーホン、保留、キャッチホンなども利用可能。

家にいる時は、留守電をスマホから聞くなんて事も当たり前に出来ます。お出かけする時の「留守電設定オン」もスマホで出来ちゃうので電話機までボタンを押しに行く必要がありません。

2.当然、発信も可能
家の中にいるなら、スマホから家電話として発信する事も可能です。

スマホでモバイル回線と固定回線を選択出来るようになるので、電話料金が気になる相手、フリーダイヤルなど固定番号から掛けたい時に気軽にスマホから掛けられて便利です。もちろんスマホ内の電話帳から電話番号を呼び出して掛けられるのもいいですね。

3.なんと外出時にも家電話に出られる!
これは転送先1台だけの設定ですが、「留守電」をセットするかのように「外で通話」ボタンを押して外出すれば、家に掛かってきた電話を外でもスマホで受けられます。もちろん相手は「自宅」に掛けたものと思ったままです。いわゆる転送設定ですが、なかなか家庭で気軽にセットする事はなかったので便利ですよね。

ちなみに、この機能を利用するには、Fusion IP-PHONE SMARTalk アプリ(無料)が必要です。

http://ip-phone-smart.jp/smart/smartalk/

このアプリは、基本料無料ながら050の電話番号を取得する事ができ、アプリ同士なら通話無料、他の携帯や固定電話などへも30秒8円で通話が可能になる優秀な通話アプリです。幸い我が家では、データプランのみでスマホを持っている娘の為に元々このアプリを利用してましたので新規登録は不要でした。専用アプリではなく、こうした優秀な通話アプリをクライアントにしているのも利便性が高いですね。

通話品質は当然このアプリの品質レベルなので、いわゆるLINE通話など一般IP通話アプリ程度のクオリティですが、外でも家電話に出られるという利便性を考えれば許容できるレベルではないでしょうか?

4.電話機への電話帳登録はスマホから転送するだけ
スマホ連動させれば、スマホに登録されている電話帳情報を電話機に転送する事が出来ます。家族どのスマホからでも自由に転送可能なので、家電話に設定しておきたい番号は各自転送しておけばいいですね。昔の電話機は1件ずつ面倒な文字入力作業が必要でほとんど登録なんてしなかったんですがコレなら楽ちんです。

5.留守電で録音が入ったらメールでお知らせしてくれる
留守電設定でお出かけした場合、留守電に着信があった時は設定したメールに通知する。という機能もあります。電話機にメールアドレスを設定するなんて時代は変わりましたね~。外から留守電を聞くのは普通に昔からある機能ですが、通知してくれたらすぐに確認出来ますね。他にも、窓やドアにセンサーを取り付けておけば、留守中に開けられたら通知させたり、あるいは人感センサーを搭載しているので、留守中に電話機の周りを人が歩いたら通知してくれたり、セキュリティ機能もあります。他にもドアホン連携でインターホンの音声をスマホで受けるなんて事も出来るみたいです。何でもアリですね。

そして、これらの各設定もスマートフォンコネクトで簡単に出来るので、設定作業そのものも非常に楽。昔は取扱説明書と電話機の狭いディスプレイ表示を見比べながら一生懸命各種設定をしていましたが、スマホアプリなら説明や設定情報が見やすいので容易に機能を使いこなせますよ。

という事で、まだ購入したばかりですがスマホと連動するだけで、家電話はこんなにも変わるのか!と時代の進化に驚かざるを得ません。

●品質、バッテリーの持ちは?
ネット情報を見ると、待ち受けアプリであるスマートフォンコネクトのバッテリー消耗が激しい!という声もありますし、家庭内でも途切れる!なんて意見もあったので少し心配もしていましたが、今のところ問題なさそうです。

まず、バッテリーの持ちですが私がXperia Z3で使っている範囲ではさほど消耗が激しい感じはしません。GPSやらBluetoothやらをオンにしているのと似たようなイメージじゃないでしょうか?最近のスマホはバッテリー容量が増えてこういう常駐型プロセスで過度にバッテリー消耗していく事はなくなったので、外出時はゲームやらネットやらをやっている時間の方が圧倒的に影響が大きいと思います。

また、ちょっと試した範囲では通話が途切れる印象もありませんでした。もちろんこればっかりはしばらく使ってみないと分かりませんが、長時間通話をするならちゃんと電話機を使えばいいかもしれませんね。我が家の場合は、滅多に家電話には掛かってきませんので、たまに掛かってきた時に出る程度であれば十分だと思いました。

それよりもこれだけ便利になって、コードレス親機+子機で13,000円程度で買えてしまう。っていうリーズナブルさが凄いですね~。「電話機なんて壊れない限り買い替えないだろう」と思ってましたが、これはちょっと買い替える価値のある電話機じゃないでしょうか?!

オススメ記事

1

Galaxy Z Fold3 の最強ペン収納ケースを探し求めて6個購入&レビューしてきました。そろそろ現在発売されている一通りのバリエーションが理解できたのでここで一旦総括をしたいと思います。 ...

2

もう1年以上前から買おう買おうと思って様子を見てきたスマートロック。本命の一つセサミの第4世代「SESAME4」が登場しましたのでついに購入してみました。 スマートロックは色んな種類が販売されています ...

-スマートフォン, 白物家電