IT機器/アクセサリー PC

SSD Samsung 840 Pro & Windows 8 導入

Windows8 も発売され、SSDも128GBでは容量が足りなくなってきたので、ダブルで新調。

強化の狙いは速度向上。史上最速OSのWin8と史上最速のSSD 840Proで組み合わせてみました。

今の環境はこんな感じです。
・CPU Core i7 2600K
メモリ 8GB
グラボ HD6850 1G
SSD Crucial m4(128GB)
OS Windows7

今回ここを強化!
CPU Core i7 2600K
メモリ 8GB
グラボ HD6850 1G
SSD Samsung 840 Pro(256GB)
OS Windows8

●OSの起動速度
OSインストールすぐの検証ではなく
普段使ってるソフト全部ぶっこみ&HDDも全部繋いだフル稼働状態で実験。

起動時間(電源オン→スタートアップが終了するまで)
・Win7  1分15秒
・Win8    40秒

終了時間(シャットダウンを押してからPCのランプが完全に消滅するまで)
・Win7   30秒
・Win8   13秒

なるほど。フル稼働状態だから7も8も公称よりはそれぞれ遅いけど、この向上は凄いわ。
CPUもメモリもいじらずこれだけ速くできるもんなんですね。

アプリケーションの起動/挙動も今後色々検証してみたいと思います。
ちなみに、ExcelやPowerpointは新規立ち上げは1秒掛かりません。コンマの世界です。データが入ったファイルからの起動も体感で1秒くらいでしょうか?
もちろんOSをクリーンにした瞬間ってのは何でも速いものですが、今後この速度が継続するのか期待したいところです。

●SSDベンチマーク
今回は、intelの335と迷ったんですが、どうせSSDを換えるなら。と最速と名高い840Proにしました。

2013年1月6日までならキャッシュバックもあるのでお得です(私のモデルは2,000円)

昨年SSDを初めて導入して、当時最速と言われたCrucialのM4を購入。
その時のベンチがこれです。

Crucial M4

そして今回がこちら
Samsung 840Pro

これはヤバいですね(笑)
M4導入時にもReadが500MB/s超えという驚異の速度にびっくりしましたが
今度は、更にWriteも500MB/s超えです。書き込みがこの速度って凄いですね。

ちなみに数回測ってみましたが、もっとスコアが伸びる項目もあります。

●Windows8は果たしてどうなのか?
私はとにかくあの「タイル」が好きではありません。WindowsPhoneでも嫌いでした。

今回もさっそく不愉快な事があります。
WindowsPhoneの時にも批判しましたが、このタイルは階層構造が作れず、1枚の風呂敷をただ広げ続ける。という方式なので、タイルの数が増えると収拾がつかなくなります。

Windows8でもソフトをインストールしていくと大量にとっ散らかります。
まとめることも出来ないので、放置するか一個ずつ消すしかありません。
やってられません。

全てのアプリ。と選ぶとグループ化はされますが、それでも「どんだけ横スクロールすんの」という状態。もちろん重要なものだけ大きいタイルとして端に持ってくればいいんでしょうが、結局デスクトップにフォルダ分けしてショートカット置いたり、ランチャー使った方が断然快適です。

細かなところも結構変わっていて、デスクトップ画面からコンパネにはどうやっていくのさ?とかシャットダウンどこだよ?とか、いちいち探す事になります(笑)でも、それも一度覚えたり、自分で使いやすいように設定していけば問題ありません。

ですから、このせいでOSの使用が苦痛で仕方ない。って事はなく、自分の設定次第でいかようにもなるので、これだけスピード感が上がるのであればWin8全然悪くないよね。という感想です。カーソル左上でデスクトップ。左下でタイル。ってのも慣れてきました。慣れればむしろその操作も快適に感じてきます。不思議なもんです。

オススメ記事

1

Galaxy Z Fold3 の最強ペン収納ケースを探し求めて6個購入&レビューしてきました。そろそろ現在発売されている一通りのバリエーションが理解できたのでここで一旦総括をしたいと思います。 ...

2

もう1年以上前から買おう買おうと思って様子を見てきたスマートロック。本命の一つセサミの第4世代「SESAME4」が登場しましたのでついに購入してみました。 スマートロックは色んな種類が販売されています ...

-IT機器/アクセサリー, PC