Xbox Series X プレイ環境(2020年12月現在)

Xbox
スポンサーリンク

更新!)2021年3月環境を公開しましたので最新環境はこちらをご覧ください。


前回の記事でPS5のプレイ環境を整理しましたので今回はXbox SXのプレイ環境を紹介します。といっても基本的に同じ機器類で接続だけが違う形ですので今回は簡単に「違い」に触れていきたいと思います。

まず構成図はご覧のとおり。

PS5の場合は、PS5→AVアンプ→テレビ と接続していたのに対し、今回はXbox SX → LG 65C9P(テレビ)→ DENON AVR-X4700H(AVアンプ)という形で、テレビに直結した後eARCでAVアンプに戻していますがこれには理由があります。

4K120hzで接続するにはテレビ直結しかない

現在発売されているAVアンプの中でHDMI2.1(4K120hz)対応を謳っているモデルはいくつかあり、DENON、Marantz、YAMAHAなどで確認できます。確かにPS5の4K120hz信号は通すことが出来るんですが、利用されている共通チップの不具合によりXbox SXの4K120hz信号を通すことができません。これは各メーカーも不具合として認めているところで、対策検討もされているようですが正直なところチップそのものを修正し、物理的に交換しない限り解消されることはないのでは?と考えています。

よって、Xbox SXで4K120hz設定を実現するにはテレビに直結させるしかなく、この場合は我が家のLG 65C9Pで問題なく出力出来ました。HDMI2.1対応4K有機ELテレビ LG 65C9P はHDMI2.1規格の48Gbpsフルバンド対応で、4K120hz、VRR、ALLM、ドルビービジョンなど最新スペックとして必要な規格全てに対応しています。

ちなみに、仮にAVアンプの不具合が修正されたとしても、現状のHDMI2.1対応AVアンプでは「4K120hz対応入力端子」は一つしか搭載されていません。PS5でその端子を使用しているので不具合が直ろうが直るまいが結局Xbox SXかPS5はテレビ直結しか選択肢がない訳です。

それであれば正直なところAVアンプの不具合に目くじらを立ててあれやこれや考えるよりは、素直にPS5はAVアンプ経由、Xbox SXはテレビ直結からのeARC接続、で運用するのがベストプラクティスとなると考えています。(DENONには続報を依頼していますが、そういった理由から私の場合はクリティカルな話ではありません)

また、この接続をポジティブに捉えるならば、Xbox SXをテレビに直結させる事で映像遅延は発生しない事になります。もちろんAVアンプ経由でもパススルー接続となりますのでほぼ遅延はないと考えていますがより憂いがないのは間違いありません。またテレビからeARCで戻す場合もパススルーで送信可能ですので遅延レベルは抑えられると思います。

4K120hz出力についてまとめるとこんな感じです。

・現状AVアンプ経由でXbox SXの4K120hz信号は出力できない
・テレビに直結させれば問題なく出力可能
・AVアンプへはeARC接続でサラウンド対応させれば良い

※AVアンプの4K120hz入力端子は1つしかないので、PS5も利用するなら結局1台はこの接続方式を取らざるを得ない為、Xbox SXを本構成にするのがオススメ

この接続であればXbox SXの信号情報はオールクリア(全対応)となります。この情報に全てチェックを入れられるテレビはまだまだほとんどないと思います。

ご覧の通りテレビ側の受信も4K120hz RGB 10bitで受け取っています。

サラウンド構成

AVアンプ以降のサウンドについてPS5環境の記事でも記載しましたのでそちらをご確認いただければと思いますが、センター、サラウンド、イネーブルドなどはAVアンプから直接出力(9チャンネル分)とし、フロントスピーカーはプリアウトで別途コントロールアンプLuxman C-800fからパワーアンプROTEL RB-1592SE 2台を経由してinfinity IRS-SIGMAへ出力しています。

これにより、AVアンプとは異なるピュアレベルの音質と低域の再現力を実現しています。

そして、PS5と違うのはXbox SXではほぼ全てのサウンドがドルビーアトモスに対応している点です。eARCでAVアンプに送り込まれた音源ももちろんドルビーアトモスで再生可能。我が家の11チャンネル分のスピーカーがしっかりとオブジェクトオーディオとして空間表現してくれます。

例えば、Gears of War 4で上空後方から前方に移動する輸送機などのサラウンド効果は圧巻です。本当に上空を飛んでいく雰囲気が出ています。※スマホで撮影した動画なのでサラウンドではありませんがどういうシーンの話をしているかはイメージ頂けると思います。

ギアーズオブウォー4 ドルビーアトモス接続時のスマホ撮影

まとめ

細かな部分はPS5の環境紹介で解説しましたので今回は簡単に違いとして出てくる部分をまとめました。

・現在のAVアンプでXbox SXの4K120hz信号を出力できるモデルはない

・Xbox SXをLG 65C9Pに直結させる事でHDMI2.1(4K120hz)フル環境を実現
・AVアンプへはeARCで繋ぐ事でドルビーアトモス再生を実現

PS5同様、ほぼ実現できる最強の規格環境になっていると思います。もちろんドルビーアトモスを本気で堪能するならイネーブルドなんていう中途半端なスピーカーではなく天井に設置すべきなんですが、ちょっとまだハードルが高くここへは取り組めていません。次に強化すべき点があるとすればやっぱりそこになるでしょうね。

Xbox SXの仕様などは海外レビューから解説した記事も書いていますので興味ある方はご覧ください。

LG の有機ELテレビ 65C9P、DENONのAVアンプ AVR-X4700H はそれぞれ最新世代ゲーム機を楽しむのに非常にオススメできる機材です。

Amazon.co.jp: LG 65V型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ Alexa搭載 ドルビーアトモス 対応 TV OLED65C9PJA: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: LG 65V型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ Alexa搭載 ドルビーアトモス 対応 TV OLED65C9PJA: 家電・カメラ
Amazon | デノン Denon AVR-X4700H 8K Ultra HD I MAX Enhanced 、 Auro 3D 対応9 .2ch プレミアム AV サラウンドレシーバー/ブラック AVR-X4700HK | デノン(Denon) | AVアンプ・AVレシーバー
デノン Denon AVR-X4700H 8K Ultra HD I MAX Enhanced 、 Auro 3D 対応9 .2ch プレミアム AV サラウンドレシーバー/ブラック AVR-X4700HKがAVアンプ・AVレシーバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品...

コメント

タイトルとURLをコピーしました