スマートフォン

iPhone5 ~画面が長くなった良さ~

ご存じのとおりiPhone5は画面が縦に長くなりました。

「長くなったら表示される情報量が増えます!」

というのは、容易に想像できると思いますが、それで何か得すんの?って実感湧きませんよね。

逆に、多分実際に購入したユーザはちょこちょこ「おお。快適になってる」と感じて来ていると思います。

これにはカラクリがあります。

まず、画面が大きくなった分、解像度が増えた訳です。

4S=縦960ピクセル

5=縦1136ピクセル

確かに増えてます。約18%増えてます。

でも、たった18%増えただけで、そんなに大きな差になる?って思いますよね?

ではこのLINEの画面を見てください。

これまでは文字入力するときは、こんな画面表示でした。

会話のやりとりがちょこっとしか見えませんね。

デジ物趣味

iPhone5ならご覧のとおり。会話の流れを確認しながら返信できます。

デジ物趣味

かなり会話のやりとりの領域が増えたと思いませんか?

では検証してみましょう。

実は、これまで960ピクセルあったうち、約580ピクセル分が日本語入力のキーボードに取られていました。一番上の固定領域も130ピクセルくらいあります。

つまり、会話の情報は残った250ピクセル分だけしかなかった訳です。

ところが5では、この情報領域が約500ピクセルと2倍になっているんです。

解像度は118%にしかなっていないのに、情報領域が200%になっている。

まるで魔法のようですね。でもよく考えれば当たり前の事ですよね。

メール入力でも同じです。これまで数行しか自分の打った文字が見えていませんでしたが、今後は約2倍に増えるんです。これだけで物凄くメールの文章を整えていくのが楽になりますよ。

こういう説明をすれば、4S以前のユーザの方にも、「5に慣れたら4S以前の解像度には戻れない」っていう気持ちが少しわかってもらえるんじゃないでしょうか。本当に快適です。

ちなみに、大事なのは画面サイズは大きければ大きいほどいい。って事でもないところです。何でもやりすぎればいいってもんでもなくて、バランスの取れたサイズ、解像度が良いですね。

ちなみに私は今回のiPhone5の4インチが「スマホのベストサイズ」とは思っていません。画面サイズだけで言えば個人的には4.3インチくらいがベストじゃないかと思ってます。本体のデザイン次第では4.5インチくらいでも良いかもしれません。もちろん、これは人によって違うので全員に当てはまる「正解」はないと思います。

ちなみに、EVO 3Dでは最初からこのくらい見えていました。
デジ物趣味

昨今のAndroid機は画面も大きめで、解像度も高い機種が多いので、「情報量」という意味では快適なデバイスが多いと思います。もちろん小さいものもありますので、様々なバリエーションの中から自分に最適なサイズと解像度を選択できます。

「私は小さいのがいい」「俺は大きいのが欲しい」そうしたニーズに応えられるのはAndroidならでは。ですよね。

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-スマートフォン