スマートフォン

Galaxy Note9 のバッテリー性能が凄い!

Galaxy Note9を使い始めて1か月ほど経ちましたが、日々実感しているのがバッテリー、発熱、メモリなどの基本部分の優秀さです。

Galaxy Note9は4000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

以前使用していたGalaxy S8+は3500mAhなので僅かなステップアップかと思いきや、体感ではもっと違いを感じます。

まず画面オフの状態では2時間で1%くらいしか消耗しません。寝て朝起きても3%くらいしか減ってない感覚ですね。既に沢山のアプリを入れてそれなりに常駐して動いているはずなんですが、それでもこの燃費は凄いです。

ハードな使い方をするともちろんグングン減っていきます。私は結構ヘビーなゲームをぶっ通しでやる事もあるのでさすがに消耗しますが、それでもこれまでの機種に比べれば圧倒的に減りが緩やかです。どんなにハードに使っても1時間15%くらいでしょうか?しかも凄いのはこれまで1度も温度が40度を超えた事がありません。これヘビーなゲームをする人しか分からないと思うんですが結構負荷をかけるゲームをすると45度とか行っちゃうことがあるんですよね。でもGalaxy Note9では常に30度台をキープしているので噂の冷却機能はやっぱり凄いんだと思います。この辺りもバッテリー消耗に好影響でしょうね。

私はかなりスマホに負荷をかけるので、今まで「1日持つ!」と世間で言われているスマホでも実際1日持ったスマホに出会ったことがありませんでした。iPhoneやAndroid合わせて15台使ってきましたが、Galaxy Note9は初めて平日なら1日持つと実感したスマホです。休日家でずっと触ってるとさすがに持たないかもしれませんが、それでもこれは本当に驚異的です。

そして急速充電速度もなかなか優秀です。

1分1%で回復していくので1時間充電すれば十分といった感じ。下記スクショでは1時間で12%回復している事が分かります。大容量バッテリーにも関わらずこのスピード感は頼もしいですね。

こちらは9%から充電した時のテストですが、きっちり10分で10%回復し続けているのが分かると思います。

普通に使う分には1時間5%~8%くらいの消費だと思いますし、1時間60%の回復が見込めるので、平日なら毎日1時間充電するだけで運用できるんじゃないでしょうか。寝ている間に何時間も充電する必要はないですし、モバイルバッテリーの活躍もグッと減っちゃいました。私も充電しながら寝る事が減りました。驚異的です。

バッテリーとは関係ないですが、メモリが8GBあるのも安定稼働に役立っています。下記は徹底していじめてみた状態で使用メモリが6GBを超えた時のスクショです。逆に言えば、ここまでメモリは使われるという事でやっぱり8GBモデルの方がストレスが少ないと思います。

※4GBモデルだけど4GB一杯まで使ったことないよ!なんて仰る方もいると思いますが、メモリが天井に張り付く事はまずないのでメモリが多い程沢山アプリを立ち上げた時に余裕が出る事は間違いありません。もちろんゲームしないというような方にはあまり関係ありませんが、意外とデュアルカメラのボケ機能なんかもメモリや処理能力喰うみたいですよ。多いに越したことはないですね。

国内での発売も決まりましたが国内版はメモリ6GBモデルのみで、8GBモデルが海外版のみというのは少し残念です

オススメ記事

1

Galaxy Z Fold3 の最強ペン収納ケースを探し求めて6個購入&レビューしてきました。そろそろ現在発売されている一通りのバリエーションが理解できたのでここで一旦総括をしたいと思います。 ...

2

もう1年以上前から買おう買おうと思って様子を見てきたスマートロック。本命の一つセサミの第4世代「SESAME4」が登場しましたのでついに購入してみました。 スマートロックは色んな種類が販売されています ...

-スマートフォン