スマートフォン

Galaxy Z Fold3 ホームアプリをNova LauncherからOne UIホームに変えてみた

私は長らくホームアプリとしてNova Launcherを使い続けてきました。Galaxy FoldやNote時代ももちろん、歴代XperiaやZenfone、Axon7など10年くらいNovaを使い続けてきて慣れ切っています。

しかしながら最近起動時のNova Launcherのフォルダ表示が妙に遅くなってストレスが溜まってきましたので、めちゃくちゃ久しぶりにホームアプリを「スマホ標準」で使ってみる事にしました。

Nova Launcher から離れられなかった理由

とにかくNova Launcherで心地いい環境を作っていたのと、スマホを機種変してもこの環境をいつでも復元して移植出来てきた。という点が大きかったですね。

今Galaxy Z Fold3ではこんな感じのホーム画面にしているんですが、とにかくシンプルなトーンが好きなんです。

こだわりポイント

・画面上にはフォルダしか置かない
・フォルダはモノトーンでシンプルなデザインで統一
・背景の写真もあまり明るいトーンのものは選ばない
・画面上に文字を表示させない
・1画面で完結させる
・ウィジェットは置かない

見えているアイコン類は全てフォルダになっていて、タップするとポップアップウインドウで中のアプリが表示されます。全てのアプリはこのフォルダのどこかに収まっているのでドロワーや別ページに遷移することなく、全て「2タップ」で起動出来るようにしていました。

iPhoneがウィジェット対応するよりずっとずっと昔。Androidと言えばウィジェットやホーム画面デコと言われていた頃、私も凝ったフォルダやウィジェットをゴリゴリに置いてましたが、結局ごちゃごちゃしたホーム画面は美しくない。と感じてページ遷移やウィジェットは全部排除したんですよね。LINEとかYoutubeとかのアプリ(ショートカット)をむき出しで置いておくのも自分のセンス的には「なし」でした。

そんなシンプルなニーズに対してNovaは使い勝手が良かったんですよね。他、画面上に配置できるグリッドカスタマイズ、ジェスチャーでの操作、アニメーションなど基本的でありながら細かなカスタマイズをしていたのでもうホーム画面はこれで十分。という満足がありました。もちろん有料のPrimeも購入済みです。

ただ、冒頭で記載した通りここしばらく画面オンにした時に妙にフォルダ表示まで時間が掛かるようになりました。これは以前使っていた初代Foldの最後の頃から発生していたのでNova側の問題だと思います。

一方、今のSamsung標準のOne UIホームはFoldの2画面に適した環境設定が出来るようになっていましたので、Novaもストレスになってきたしせっかくなので試してみるか!となった訳です。逆にほとんどの方はむしろ標準のOne UIを使われているでしょうから、今回は何をいまさらという感じの記事になってしまいました(笑)

One UIホーム & ミラーリング機能

今回One UIホームアプリでシンプルなホーム画面に立ち戻ってみました。

今まで嫌でしょうがなかった「アプリの直置き」も敢えて採用。下段のドックも普通に使う。という「自分の中では」普通の使い方にしています。iPhoneみたいに画面中にアイコンやフォルダが並びまくるのはさすがに好きになれないので、なるべくアイコンも小さくして2列にまとめました。

そしてこの構成にしたのは今回のOne UIホームの肝である「カバーディスプレイのミラーリング機能」を上手く使いたいからです。

こちらはGalaxy Z Fold3を閉じてカバーディスプレイで操作する時の画面です。メインディスプレイの左側に配置した5つのアプリと、ドックの左から5つまでが表示されているのが分かると思います。

スワイプして2ページ目に移ると今度はメインディスプレイで右側に配置されていたフォルダが5つ。ドックは1ページ目と同じ左から5つが並びます。

これがミラーリング機能と呼ばれる設定です。ホーム画面の設定を見ると以下のように2つのディスプレイが表示されており、これがカバーディスプレイの1ページ目、2ページ目を意味しています。そしてこの1ページ目+2ページ目=メインディスプレイ。という構成になります。またドックはメインディスプレイでは8つまで配置できますがカバーディスプレイの時はそのうち左から5つ目までが表示されます。

私の場合は、カバー側でもよく使うTwitter、メールなどをカバーで表示される左側に配置し、その他のSNSやゲーム、電子書籍、買い物などはフォルダにまとめてメインディスプレイで右側に配置される。という構成です。

ドックも左から5つまでにLINE、PayPay、ブラウザ、カメラなどを配置し、6つ目以降にはカバー状態ではあまり使わないGooglePhoto、Youtube、SペンNoteと開いて使うアプリを巧みに配置しています。

このUIのおかげで、メインディスプレイは普段使いの全てのアプリを。カバーディスプレイでは中でもカバー画面で使うものだけにフォーカス。という環境を作る事ができました。

その他使わないアプリはドロワー側にフォルダ分けして置いています(これも今までなら全部ホーム画面に出していましたが、敢えて使い分けをしてみる事に)

ちなみにフォルダグリッド(フォルダを開いた時のウインドウ)は標準のOne UIだと「4×4」までしか表示できませんでしたので、別途「Home Up」を使って6×6にしています。

これでOne UIホームの設定画面でも「by Home Up」として特殊な設定を反映させられます。

ジェスチャーはOne Hand Operation+でカバー

Nova Launcherで使っていた機能として「ジェスチャー操作」がありますが、今となっては標準機能&One Hand Operation+で十分カバーできます。

ホーム画面でスワイプでドロワーや通知表示させる事は標準機能で出来ますし、画面のダブルタップでのオンオフも基本のジェスチャー機能で対応可能。

その他のアクションでやりたいことはOne Hand Operation+でいいでしょう。

私の最新の設定は以下の通りです。

One Hand Operation+設定

左からスワイプ

・まっすぐ右→戻る(戻るはナビゲーションジェスチャーの左側に割り当てているのでこれは無しでも大丈夫)
・斜め上→音量UP(Foldは物理音量ボタンが遠いのでジェスチャー操作がオススメ)
・斜め下→音量Down (音量Downも同様)

右からスワイプ

・斜め上 →ポップアップでChrome起動
・斜め下→ポップアップでLINE起動
・長くまっすぐ左→画面キャプチャ

特にポップアップアプリ起動は使い勝手が良い事に気づきました。

例えばゲームをプレイしながら攻略サイトをブラウザで表示させたり、LINEの返信をしたり、という場合は分割表示で立ち上げるのではなく、さっとスワイプでポップアップ表示させる方が簡単でスマートじゃないかと思います。

まとめ

という事で、Novaの使い勝手が悪くなったというきっかけと、Foldに適したミラーリング機能を使ってみよう。という事でOne UIホームにしてみましたがなかなかカバーディスプレイとメインディスプレイの使い分けが明瞭になって非常に快適だと思います。

Novaで必要だった機能は主にデザインに関するものなのでそこは開き直ってOne UIに合わせてみる。ジェスチャーは他の機能の組み合わせで十分カバーできる。という事でSamsung純正機能を満喫してみたいと思います。

ちなみにテーマもGalaxyThemesから有料テーマ&無料アイコンをダウンロードしてそれぞれ適用させてみました。

オススメ記事

1

Galaxy Z Fold3 の最強ペン収納ケースを探し求めて6個購入&レビューしてきました。そろそろ現在発売されている一通りのバリエーションが理解できたのでここで一旦総括をしたいと思います。 ...

2

もう1年以上前から買おう買おうと思って様子を見てきたスマートロック。本命の一つセサミの第4世代「SESAME4」が登場しましたのでついに購入してみました。 スマートロックは色んな種類が販売されています ...

-スマートフォン
-