白物家電

ラムダッシュ「ES-LV52」購入

そろそろこれまで使っていたシェーバーも古くなってきたので買い替えました。

Panasonicの5枚刃シェーバー ラムダッシュ「ES-LV52」です。
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=ES-LV52

実はラムダッシュは初めてで、これまではブラウン派でした。
これまで使っていたのはブラウンの360°コンプリート「BS8990」

結構古いですが当時2万円以上したアルコール洗浄タイプです。
最上位から2番目のモデルでしたが、最上位モデルとの違いはシェーバー能力の差ではなくバッテリー表示などのみだったと思います。

●モデル選定ポイント
<自動洗浄機の有無>
アルコール液による自動洗浄は一見楽で便利に見えるんですが結構使い勝手が悪いです。ブラウンで使ってきた感想としてはこんな感じ。
1.完全に綺麗になる訳ではなく、実際結局定期的に手作業での掃除が必要になる。
2.アルコール臭い
3.洗浄液のランニングコストがバカにならない
4.シェーバー能力が変わらないのに、この自動洗浄機分の有無で結構初期コストも変わる

今でも、ブラウンもラムダッシュも上位機種には「自動洗浄機」がついていますが、ちょっと自分は過信しすぎていたところもあり、自分の利用環境では洗浄機ナシの方がリーズナブルである。と考えました。

<「深剃り」と「肌に優しい」の両立>
実は前回購入した時もラムダッシュとは比較していました。
世間的な評価としては「ラムダッシュは深剃りできるが、肌がヒリヒリする」「ブラウンは肌に優しいが深剃り出来ない」というものでした。

元々私は髭が割と濃くて、肌は弱い。という面倒な体ですので、どちらを選択するか。というのは悩ましいところです。前回はヒリヒリするのは嫌だなぁ。と思ってブラウンをチョイス。

ただブラウンは、本当に深剃りできません。普通に剃っただけだと結構ザラザラしたままです。まぁ、カミソリではないのでこんなもんか。と諦めていましたが今回買い替えにあたって「そういえば、ラムダッシュはより深剃りできるって言ってたなぁ」と思い出した次第。

色々調べてみるとラムダッシュは深剃りは更に強化され、しかも肌にも優しくなってきてる。ということなので今回はラムダッシュにしてみました。

もちろん深剃りに期待したいので3枚刃、4枚刃ではなく、最強の5枚刃を選択。且つ自動洗浄機が付かないリーズナブルモデル「ES-LV52」を購入しました。色は赤。赤の方が可愛かったから(笑)

●実際の剃り具合
早速1週間ほど使ってみましたが、確かにこれ深剃りが凄いです。
もちろん何年も前のブラウンとの比較ですから最新のブラウンがどうなっているかはわかりません。一概にラムダッシュの方が優れている。とは言えませんが、少なくとも私の環境では「以前のブラウンは何だったのか!」というレベル。

髭って芝生みたいなもんで「順目」と「逆目」があるじゃないですか。
この5枚刃ラムダッシュで剃った後は「順目」だとつるっつるになります。完全にカミソリで剃った後と同じクオリティ。びっくりしました。今まで使った事のある電気シェーバーでは味わったことのないツルツルさです。

一方「逆目」で触ってもツルツルにするのはなかなか難しいです。かなり無理して押し当てて何とかツルツルに近づく。という感じ。まだまだカミソリには勝てませんね。

でも順目がツルツルなのは本当に驚きでした。電気シェーバーでこんな体験をしたのは初めてです。

肝心な肌への影響ですが、これも確かに思ったほどヒリヒリしません。同じ個所を何度も強く押し当てていれば確かにヒリヒリしますが、このくらいであれば普段使いとして全く問題ないレベルです。

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-白物家電