ITデバイス IT機器/アクセサリー

メッシュWiFi Deco X50 で回線環境を改善してみました

最近引っ越しをしましてネット環境が変わった事をきっかけにメッシュWiFiを導入してみる事にしました。

今までの環境

これまではマンションのフレッツ光1Gbps マンションタイプを使っていたんですが、大体200Mbps程度出ており特に不満はありませんでした。今まで使っていたルーターはASUSの「RT-AC68U」そこそこ古いルーターですが当時性能安定性の高いモデルで今でも現役。

ただ、それでもリビングにあるルーターから寝室まではそこまでの速度が出ない為、寝室前の廊下にbuffaloの中継器を置いてました。

これで状況によってメインルーターに繋いだり、中継機に繋いだりと時に切り返しながら使ってたんですよね。

引っ越しして環境の見直しを迫られる

引っ越した先もマンションで同じくフレッツ光の1Gbpsプランにしている訳なんですが、私の居室は「マンションタイプ」ではなく「ファミリータイプ」を引いています。つまり他の住戸と回線を共有するのではなく、私の居室だけの光配線を引いているのです。

これは新居ではネット環境が向上するぞ!と期待してまして、同じく持ってきたASUSのルーターを繋いでみたところ下りで「584Mbps」を叩きき出しました。これは快適。我が家には十分すぎる速度。

と、喜んでいたんですが今度の家はルーター設置場所から寝室までの距離が遠い。測定してみたところ寝室だと50Mbpsくらいまで落ち込むことが分かりました。タイミングによっては20Mbpsくらいに。

とまぁ、実は速度だけを見れば寝室でスマホ見るくらいなら十分な速度じゃない?と思ってたんですが、なぜか通信がブツブツ切れる。そうです、繋がってる時の速度は許容内なんですがそもそもWi-Fiのアンテナが2本くらいしか立ってなくて頻繁に途切れるのです。

引っ越し早々子供たちからはクレームの嵐。「ネットが使えない!」「前の家の方が良かった!」

いや、家まで来てる回線は新居の方が速いんだけどなぁ・・・

メッシュWiFiを試してみる事に

ルーターを買い替える、中継機を買い足す、など色々選択肢はありましたが、そろそろメッシュWiFiにした方が快適になるんじゃないかと思ってASUSのルーター、バッファローの中継器はお払い箱にしてtp-linkのDeco X50を導入してみる事にしました。

実は引っ越し前からメッシュWiFiにしたいなぁ・・・と思ってたんですが、いざ調べるとどれを買うのがいいか決まらずに買わずに来たんですよね。でも今回は可及的速やかに寝室のネット環境を改善する必要がありました。

さて以前も少し調べてはいたもののメッシュWiFiと言っても色々なルーターが出ています。速度だけで見ると他社製のルーターもベンチマークスコアが良かったんですが、口コミなども見た結果安定性ではtp-linkのDecoシリーズは一歩抜きんでているかな?と感じました。最高速度よりも安定性を重視したかったのでDecoシリーズで検討。

次に、同じDecoシリーズでも下位のX20で十分なのか?それとも同等クラスのX50/X60が良いのか、はたまた上位クラスのX90などがいいのか?で迷います。

X20でも十分速い!との呼び声もありましたが、長期的に使う事を考えてX50かX60に照準を合わせます。この2つはモデル数字も近いんですがX60が先行、X50は今年発売された後発という事で性能的にも非常に似た関係にあります。

ざっくり違いを言うと下記のような感じ

X60X50
内部アンテナ4つ2つ
ストリーム数6ストリーム4ストリーム
HE160Mhz対応×
有線LANポート2つ3つ

先行しているX60の方がやや上位に位置付けられますが、X50はLANポートの数を増やし、HE160Mhzに対応してWi-Fi最高速度も全く同じです。好みの差というレベルですが後発のX50の方が値段も安く、X60を絶妙なバランスにブラッシュアップさせたモデルと考えればX60を選ぶ理由はないかな?と思いました。

X50で速度改善

今回購入したのは3パック

光コンセントのところに一つ。デスクトップPCの近くに一つ(有線接続)。そして寝室に一つ。です。

メッシュWiFiは全く同じルーターを複数個連携させる事で一つのWi-Fiネットワークを作るので形状もACアダプタも全く同じものが3セット入っています。どれが親とか子とかという違いもなく、どれか一つをONUと接続して親機とします。

Decoシリーズはこの綺麗な円柱型なのが好み。

それぞれ電源端子とLANポートが3つついています。

1台目はONUそばですが、2台目はパソコンデスクの下。3代目は寝室のラックの下隅へ。ほぼ普段目に触れる事のない場所に置いておけばいいので存在を感じさせません。

親機近くでの測定はこんな感じ。測る度にブレはありますが上りも下りも十分。特に下りはASUSよりかなり速くなりました。1G bpsプランの回線で800MBps超の無線実測が出れば文句はありません。

そして肝心の寝室はと言うと下り273Mbps。やっぱりメッシュWiFiと言えど速度は落ちるもんですね。

それでももはや寝室でスマホをいじるのに全く不都合がない速度。もちろんアンテナも全開で一切途切れる事もなくなりました。子供たちも満足。

メッシュWiFiの魅力

メッシュWiFiの魅力は速度の安定性だけではありません。今までのようにメインルーター、中継器などいくつものアクセスポイントがあると場所によってアクセスポイントが切り替わって、必ずしもベストなアクセスポイントになってなければ手動で替えたり、という事も必要でした。

メッシュWiFiは複数台のルーターが全部で一つのネットワークとなり、自動的に最適なルーターに接続を切り替えてくれます。これがほんとに快適。部屋によって繋げるWi-Fiを意識しなくてもいいですし、スマホ上でどこに何台のデバイスが接続されているか?なんかもシンプルに分かります。

これは思った以上に快適な環境が手に入ったと思います。正直X20でもX50でもX60でも同等に快適になっただろうと思うと、どのモデルを買うかあれこれ悩む暇があったらどれもでいいからメッシュ化しよう!という結論かなと思いました。

もちろんHE160やポート数などこだわりもあるかもしれませんが、そういう意味ではミドルレンジではX50を選んでおけば間違いはないと思います。

確かにメッシュWiFiは少し高いんですが、やや広い居室でどこでも安定的にインターネットを楽しみたい。という事であればこれはまず最初の選択肢にすべきかな?と感じる次第です。

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-ITデバイス, IT機器/アクセサリー
-,