Nintendo

3DS触ってみた

店頭で試遊機を触ってみたので感想を。

デモ用の例の犬&猫でしたけど
まず3D感については、世間の評価通り
「飛び出す!」ではなく「奥行きがある」です。

何にも飛び出しません。
画面部分が一番手前で、そこから奥へ奥へ立体感がある感じです。
窓から向こうにある部屋を覗いてる感じですね。

3Dテレビのような立体感を期待してると、ちょっとスカされます。

横についてるスライダーで2D→3Dをダイナミックに変化させられるんですが
2D状態は完全にただのDSです。

スライダーを動かすとなめらかに3Dに変化するというより
ちょろっと動かした瞬間3Dモードに変わる感じです。
3Dモードオンって感じ。

そこから徐々に3Dの濃さ(笑)が変わっていきます。
目も疲れず「何となく3D」を楽しむならちょうど真ん中あたりですね。

もちろん、MAX状態にすると3D感は一番強まるんですが
無理やりピントを合わされているような、軽く寄り目を強要されてるような
そんな感じがして目が疲れます。

これは画面との距離の取り方でも変わると思いますが、
私が普通の感覚で持った距離感だとそんな感じでした。

なので、3Dテレビのように専用メガネを掛けるのとは違います。
3Dテレビは疲れません。

この状態では確かに長時間やるのは無理だと思います。
結局、しばらく3Dモードでやって、疲れたら2Dに変える。
ってプレイになるかもしれませんし、
RPGやSLGみたいにじっくり文字を見ながらやるゲームはキツイと感じました。

発売時点でのゲームでは
多分リッジレーサーあたりが一番3Dゲームとしてのバランスは良いんじゃないでしょうか。

あと、斜めから見ると輪郭が2重に見えます。当たり前ですね。
で、気になってたのは「どのくらい真正面から見なきゃいけないか」ということ。
ちょっとでも視角ズレたら駄目とかだと面倒だなって思ってたんですが
結論的には、そんなに意識しなくても常に正面から見れて、正しい3D感が得られます。

ということで3分ほど遊んだ感想としては、
「うん。まぁ、確かに立体的だわな・・・。
・・・で??」
って感じもしなくもない。

隣で試遊してたカップルは「すげーすげー!」状態でしたけど
デキとしては、今時の3Dスマホの3D具合をもう少しキツくした程度です。

それも、3D効果を強める(=キツくする)分、
目には負担になる印象なので、これ以上強めると目がめちゃくちゃ疲れる。
っていう微妙な(「絶妙な」ではない)バランスを突いてきてますね。

あ、こういうことを言うと3DS批判な感じもしますが
どっちにしても、かえるむは買うので決してアンチじゃないですよ♪

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-Nintendo