PlayStation

PS4Pro(4K HDR)とPSVRの切り替え方法

テレビがHDR対応になった事で問題が一つ発生しました。「PSVRのプロセッサーユニットHDRパススルー出来ない問題」です。

通常Playstation 4 ProはHDCP2.2対応で4K/HDRで出力が可能です。

ところがPlaystation VR のプロセッサーユニットはHDCP1.4までしか通らずHDR信号を通すことが出来ない為、PS4Proとテレビの間にPSVRのプロセッサーユニットを挟むと強制的にHDRオフになってしまうのです。

でもPSVRを楽しむにはどうしても一度プロセッサーユニットを通さざるを得ません。そこで公式ではプレイする度に「HDMIケーブルを差し替えろ」とガイダンスしています。

我が家の環境だとこんな感じ

いくらなんでもPS4ProとPSVRを遊ぶ度にHDMIケーブルを差し替えるなんてのは面倒で仕方ありません。この問題はPS4Pro発売時から散々ネットを賑わしていましたが、HDR対応テレビを買った私もついに直面する事になりました。あー。めんどくさい。

作戦1
何とかならないかと思い、無理だろうとは思いつつこんな配線をしてみました。PS4ProからAVアンプに一度入れて、そこからPSVRに一度戻す作戦です。

でも、これだとAVアンプの出力と入力がおかしな事になってしまい(両方を活かすことが出来ない)あっさり断念。

作戦2
これはやっぱり切替器を噛ませて分配するしかない。と思い、ネットで成功事例が上がっていたこちらをテスト。4K60p、HDCP2.2対応HDMI切替器です。

これが非常に小さい!

どのくらい小さいかと言うとこんなにコンパクト

こちら側からHDMI入力し、スイッチで1と2を切替

裏側から出力というシンプル構造。どちらのスイッチになっているかはランプ点灯でも分かります。

下記のような構成で接続しました。

購入時の情報で切替器に繋げるHDMIケーブルは1.5m以内が推奨されていたので90cmのHDMIケーブルを購入。切替器の1をAVアンプのHDMI1に。PSVRからの信号をAVアンプのHDMI2に。という具合でアンプで切り替えて使用します。

この接続が上手くいきまして、無事切替器1の方は4K/RGB/HDR/HDCP2.2で出力できました。切替器でスイッチを切り替えればPSVRもちゃんと認識しましす。

よし。これでバッチリか。と思っていざ色々プレイを始めてみると、頻繁にブラックアウトしてしまいます。FF15をプレイしていると酷い時には5秒ほどでブラックアウト。また5秒くらい経って復活。という感じで全く使い物になりません。

原因と対策検討
HDMIケーブルは18Gbps対応のAmazonベーシックケーブルで、切替器なしで直結させれば何の問題もなくHDCP2.2で4K/RGB/HDR信号を伝送していたものです。

ブラックアウトするとはいえ信号としては出力できている事。またケーブル自体は正常な事。と考えると原因は給電不足くらいしか考えられません。切替器を通して2本のケーブルで伸ばすことで4K/HDR信号を十分な力で伝送出来なくなっているという事です。

解決策として考えられるのは3つ。
1.もっとケーブルを短くして減衰を抑える
2.もっと伝送品質の高いPremiumケーブルに変える
3.もっと質のいい切替器に変える

1.ケーブルの長さはもう90cmなのでこれ以上短くするのは難しい。というか多分意味ない。

2.ケーブル品質についても既にAmazonベーシック以外ではPS4Pro標準ケーブル、Premium認証ケーブルなどを試していて、どれも切替器無しなら4K60Hz HDRを伝送出来ており、切替器を挟むとブラックアウトします。もちろんもっと高いもっと高品質なケーブルに変えてみる。という選択肢はあるんですが、「じゃ、どのケーブルなら大丈夫なの?」というのがもはや全く分かりません。何本買っても失敗する可能性があるのでちょっと怖いです。

3.そこで切替器の方に着目。こちらも変えても無駄な可能性もありますが、ケーブルよりは可能性があると思い下記切替器で再チャレンジ。ここまでで結構な人柱になっています(笑)

作戦3

到着しました。

今度の切替器は前回のものよりしっかりしています。

何よりAC接続型で、切替器自体で給電力アップ。信号をしっかり送り出してくれる予感がします。

大きさもぐっと安心感が増し、更に片面だけにケーブル端子があるのでケーブルもまとめやすい。

という事で、下記構成で接続テスト

この賭けが大成功でした。ブラックアウト一切なしで完璧に4K/HDR信号を出力してくれます!

PSVRを繋いでも、PSVRとしての正しい出力に。

おお。やった。ついにやってやったぞ。と思ったのですが、ここでプチ問題が。

この切替器、一つ目と違って「自動切換式」なんです。PS4Proだけ起動してみるとこんな感じでOUT1だけ信号が送られるので問題ありません。

でも一度PSVRを立ち上げて、その後PSVRの電源を落としてもプロセッサーユニットが電源オンの状態になってしまい、OUT1とOUT2が同時に出力される状態になってしまいます。

こうなると何が起こるかというと、PS4Proがプロセッサユニット接続を認識し、勝手にHDCP1.4に落としてしまうのです。

PSVRを使っていない時はユニットの電源を完全に切る(あるいは赤いランプのスタンバイモード)にしなければいけないのですが、この接続だと勝手にユニットが電源オンになってしまうんですよね。

作戦4
まぁ、ここはネットでも似たような情報がありましたが強硬手段です。PSVRを使っていない時はプロセッサユニットの電源をオフにしてしまえばいいのです。という事でスイッチ付電源タップを使って手元で電源を消せるようにしました(急にアナログ(笑))

ともあれ、これでホントのホントに完璧になりました。

PS4Proの裏に回ってHDMIケーブルを頻繁に抜き差しするのは面倒な上に端子の劣化にも繋がります。手元のスイッチ一つで切り替えが出来るようになったので非常に便利になりました。

え。スイッチ一つでも手間じゃないかって?

PSVRを甘く見てもらっては困ります。これ被るだけで結構面倒なシロモノ。スイッチ一つ入れるなんて自然な動作の一部になりますよ。設置場所にもよりますが本体のケーブル抜き差しと違って手元で完結するようになるので格段に楽です。

オススメ記事

1

Galaxy Z Fold3 の最強ペン収納ケースを探し求めて6個購入&レビューしてきました。そろそろ現在発売されている一通りのバリエーションが理解できたのでここで一旦総括をしたいと思います。 ...

2

もう1年以上前から買おう買おうと思って様子を見てきたスマートロック。本命の一つセサミの第4世代「SESAME4」が登場しましたのでついに購入してみました。 スマートロックは色んな種類が販売されています ...

-PlayStation