Nintendo

3DS LL 購入

3DS LL が発売されましたので購入してみました。

デジ物趣味

実機は店頭で何度か触っていたのですが、

購入してみて改めてノーマル3DSと比較

デジ物趣味

LLだけを見ていると、全体のデザインバランスが良いので、

ちょっと画面が大きいかな。くらいの印象なんですが、

しばらく触ってからノーマル3DSに戻ると、その画面の小ささに驚きます。

「え。3DSってこんなに小さかったっけ?!」って印象。

何となくノーマルの方が青っぽく、LLの方が黄色っぽい画面に見えますが、

基本的に解像度も同じなので、どうしてもLLの方は粗くなります。

思ったほどジャギー感はないんですが、ブラウン管テレビでいうところの走査線のような

黒い線が目立つので「画面の粗さ」を感じさせます。

実際にゲームをしてみても「まぁ、こんなもんか」と全然許せるレベルながら

ノーマル3DSに戻った時には、やっぱり「あ、こっちの方が断然精彩に見える」と感じさせられます。

元々ノーマル3DSだけの時は、それでも「粗い」って思ってたんですけどねぇ。

そんなこんなで、ノーマル3DSと同じ感覚で手に持って見ていると

大きいだけに画や文字がチラチラして目がやたら疲れます。

あとやっぱり重いです。しばらく触っていると本体の上半分の荷重を感じてきます。

なので、ノーマル3DSは画面も小さいので持ちあげた状態で使う事が普通でしたが

LLは離して膝の上に置くような感覚で使うのがよさそうです。

それでも、十分画面が見える大きさになっています。

3DSとLLのどちらか一つだけを所有する。ということであれば

 

●スマホのように画面の近くで少しでも精彩な画を楽しみたいなら3DS

●タブレットのように膝に置いて迫力のある画を楽しみたいならLL

といったところでしょうか。

普段から持ち歩いたり、電車の中でやる事が多い人は従来の「3DS」の方が良いと思います。

でも、私は「LL」を持ち歩いてみますがね(笑)

ということで、他のゲーム機と大きさを比較してみました。

上段 左から DS lite、DSi、3DS、3DS LL

下段 左から PSP1000、PSP3000、Vita

デジ物趣味

ひときわ3DS LLは大きいですね。

あのVitaが小さく見えるレベルです(笑)

次は閉じた状態
デジ物趣味
閉じるとそこまでの大きさは感じさせませんので、

カバンの中に入れておく状態だとVitaとさほど変わりません。

それでも表面積はLLが一番ですね。

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-Nintendo