AVアンプ/サラウンド

AVアンプ「SC-LX59」購入レビュー5【DTS:Xチェック】

SC-LX59最後のチェックはDTS:Xです。

チェック用Blu-rayはクリムゾンピーク

DTS:Xに対応したBlu-rayはほぼゼロの状態だと思います。クリムゾンピークはかなり珍しいDTS:X対応Blu-rayです。

SC-LX59では、DTS:X MSTRと表示されます。

DolbyAtmosの時と同様スピーカーチャンネル表示がありません。

ちなみに、通常のサラウンド規格の場合は下記のようにどのチャンネルのスピーカーが音源収録されているか表示されます。下記の場合だとフロント、センター、サラウンドの5チャンネル分の音源についてドルビーサラウンドでアップミックスされる(=結果11スピーカーから音が出る)という事です。

クリムゾンピークは、前回DolbyAtmosでチェックしたミッションインポッシブルと違ってイネーブルドスピーカーの活用度合いが非常に分かりづらいものでした。

アップミックスされたサラウンドに近く、音の広がりを伸ばすような使われ方が多い印象です。ただ、やはりアップミックスが全体のサラウンド感を上げる効果なのに対し、DTS:Xではイネーブルドスピーカーのオンオフがハッキリしており、ここぞというところでしっかり働いています。

例えば、吹雪のシーンでは雪が巻き上がるヒューヒューという音をイネーブルドスピーカーで再現しており、上空に向かって吹き上がる効果を演出しています。

DolbyAtmosでもDTS:Xでも、フロントやサラウンドバックとは異なる特別な音をイネーブルドスピーカーから出しているという点で、アップミックスとは異なりディスクリートなサウンドデザインになっている点が専用コンテンツならではですね。

今後ゲームなどでも採用されるととても面白いと思います(ゲームの方が演出上もっと派手な使い分けも出来るかもしれませんね)

 

出演:ミア・ワシコウスカ, 出演:トム・ヒドルストン, 出演:ジェシカ・チャステイン, 出演:チャーリー・ハナム, 出演:ジム・ビーバー, 監督:ギレルモ・デル・トロ
¥973 (2021/11/23 12:16時点 | Amazon調べ)

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-AVアンプ/サラウンド