スマートフォン

iPhone4S発表

今回のiPhoneはこれまでで最も魅力が低いと思います。

なので、今4を使ってる人で、パフォーマンスや容量に不満がない人は
スルーすべき。といっていいですね。

え?私ですか?

もちろん買いますよ。64GBモデル。
何せ私は、パフォーマンスにも容量にも不満がありますからねw

いくつか個人的なポイントを。

●容量
64GBの登場でようやくアプリをインストールする為に別のアプリを削除する。
という面倒な作業からしばらくの間解放されそうです。
もちろん64GBでも程なくパンクすると思いますけどね。
それでも、大分運用が楽になりそうです。

●スペック
重たいゲームなんかは4でもかなりカクカクしてました。
例えばLet's GOLF3など。
もちろん開発者側のチューニング不足と言えますが、
こういう荒っぽいアプリでも、本体のスペックが上がれば
サクサク動いてくれるんじゃないか。と期待してます。
こういうアプリはメモリ解放すれば少しマシになったりするので

そいう意味ではメモリが512MBのままっぽいのは気になるところですね。

●カメラ機能
あとはカメラ機能も着実に進歩してますね。(画素だけの話じゃなく)
最近の携帯のカメラ機能の進歩には目を見張るものがあります。
以前は、携帯のカメラはホントに遊びレベルにしか使えず、
ほとんどの人は、コンデジをメインカメラとしていました。
が、iPhone4くらいのレベルだと、コンデジに近い画質になってきています。
今後は、一眼レフの人気も相まって、コンデジの人気は落ち、
一眼レフと携帯カメラの2台使いなんて人が増えると予想してます。
4まではカメラの起動も遅かったので、そのあたりも改善されるのは良いですね。

●iCloud
これは4Sとは関係ないですが、
iCloud上にゲームのセーブデータが置けるようになるのは
かなり期待してます。もし、あとからセーブデータを戻せるのであれば
一時的にゲームを削除したりしやすくなります。
もちろん、アプリ側の対応が必要ですし、まだ未知数ですが。

●キャリア
日本ではau参入という点が一番インパクトがありましたね。
規格的な話をすると、au版とSB版は同じではありません。

SB版:下り最大14.4Mbps/上り最大5.76Mbps
au版:下り最大3.1Mbps 上り最大1.8Mbps
という通信速度の差は、既にあちこちで指摘されています。
もちろん実測値が大事ですから、実際は「auの方が安定して速い」なんてことは十分起こりえます。

キャリアメールもauは発売時点でどうなるか微妙ですし、
au版は規格上「データ通信中に着信があると、データ通信が途切れる」
などといった不利な点もあるようです。

(一部では、電話しながら途中でネットで調べたりって結構日常的にあるから

これができないのは困る。って意見もありますね。)

本体は全く同じ物ですが、通信キャリアが違う以上違いは出てくるものです。

ちなみに、片方のキャリアでアクティベーションしてしまうと、もう片方のキャリアのsimは使えなくなるそうなので、本体は全く同じだからといってsimの入れ替えなんかはできません。

ということで、予約開始7日。発売14日。を楽しみにしたいと思います。
多分、SB版、黒、64GB狙いになると思います。

オススメ記事

1

パナソニック史上「最強のUHD プレイヤー」であり且つ「最強のBlu-rayレコーダー」と呼ばれる「DMR-ZR1」を購入しました。 私が購入に至った理由は公式サイトや様々なWebサイトで語られている ...

2

ついに買ってしまいました。ずっと欲しい欲しいと思っていて二の足を踏んでいた「Philips Hue Play HDMI Sync Box」とその仲間たち。しっかりレビューしていきたいと思います。 Ph ...

-スマートフォン